Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
カープ 地元 27年ぶり  優勝🏆おめでとう🎊㊗️
0

    カープ 地元 27年ぶり 
    優勝🏆おめでとう🎊㊗️
    日本一 に向かって!

    画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

     

    posted by: miyako | バイオ・グラフィー | 16:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    映画「リーディング」エドガーケイシーのバイオグラフィー  日本エドガーケイシーセンター会長 光田 茂氏講演会 @福山 仙酔島
    0

      ★パーマクリスティ キリストの御手 

      映画「リーディング」エドガーケイシーのバイオグラフィー 

      日本エドガーケイシーセンター会長 光田 茂氏講演会 @福山 仙酔島

       

      週末は山ねこ 海ねこ 大移動w
      屋っとタイミングが逢い ケイシーの映画と光田さんに愛に行ってきました。

      ケイシー療法には、20代半ばアメリカ西海岸で出会いました。その時はレイキ エサレン ゼンなど学びました。

      30年前くらいに日本でもTV紹介され、少し話題になりました。

      人生100年時代を迎えて シュタイナー医学の拡大を視野に入れ 本来のマッサージ=癒し ホリスティックビューティをさらに実践してまいります!

      ひまし油療法は続けています。サロンでも本格的に導入を検討していきたいですね(^^)

      さあ 本当の人生の創造~本質の時代 到来です!

       

      ・お世話くださった皆さま ありがとうございます。久々に宇宙友人 だいくう さんにも遭遇ww 

       

      画像に含まれている可能性があるもの:2人、みかみ 京さんを含む、、スマイル、電話、室内

      画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

      画像に含まれている可能性があるもの:空、雲、山、屋外、自然

      posted by: miyako | バイオ・グラフィー | 16:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      ★生ききった逝き方 樹木希林さんに想う「わたしは私。」
      0

        ★生ききった逝き方 樹木希林さんに想う「わたしは私。」

         

        「生まれ変わったら、夫には会いたくない!なぜ?
        また 好きになってしまうからね〜ww」

        この迷言?には参りましたw 
        このカップルはカルマのつながりが強いと感じました。

         

        薩摩琵琶奏者の家系 江戸っ子 気風の良さ やせ我慢 
        個性的で古性派w 素直 思い遣り 愛 家族 連れあう シンプル 孤高 そして 信頼の人格。

         

        逝かれて3日 エーテルも消え 初七日。そして、四十九日のカマロカに向かわれます。

        私がほぼ専業主婦時代w 地域でママ友と集い、ミニコミ誌的に出版w 会報名「嬉々快会 ききかいかい」と命名。樹木希林さんの音を真似ました。

         

        悠木千帆という芸名を売ったりw 現夫の前に結婚アリ。ド派手な夫婦喧嘩w 別居婚 卒婚?でも夫婦を全うしましたね。

        ドラマやCMでの個性的な演技


        インタヴューでの 個性的な破天荒な受け答えw

        なんとも、それでも根底には深く温かい愛がある。


        我が子でさえ、邪魔な干渉はしない。
        闘病中でさえタンタンと仕事をし(ほんとは大変だったはず)癌と生き、化学療法はほんの少し。全身癌で5年。。。全うした生。

        死ぬこと生きる事は自然な事。
        癌だって私たち平均1日五千個出来るそうだ。NK細胞でやっつけて、残った癌が長年のネガティブ要素で悪性になる。

        わたしは私でしかなく、それ以上でもそれ以下でもない。

        素敵な生き方でしたね。


        どうぞゆっくりカマロカ(煉獄)を行き、そちらから私たちを見守って微笑んでくださいね。合掌👏

         

        画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、クローズアップ、テキスト

        画像に含まれている可能性があるもの:7人、、スマイル、立ってる(複数の人)、スーツ、室内

        posted by: miyako | バイオ・グラフィー | 19:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ★明日、世界が滅亡しても、今!私はリンゴの木を植える。 Even if I knew that tomorrow the world would go to pieces, I would still plant my apple tree.ルター(ドイツの宗教改革者) 10/sep 2018 新月🌑 二百二十日 美容業界に入って40年目の誕生美を迎
        0

          ★明日、世界が滅亡しても、今!私はリンゴの木を植える。
          Even if I knew that tomorrow the world would go to pieces, I would still plant my apple tree.ルター(ドイツの宗教改革者)

           

          10/sep 2018 新月🌑 二百二十日
          美容業界に入って40年目の誕生美を迎えました。
          大切な家族・友人・お客様方・皆様ありがとうございます。

           

          地元 呉・広島、日本そして世界が激動していると感じます。

          何故?自然災害の危機は拡大し、脅威になってきたのか?
          私達の文明は進化し、自然災害を克服してきたはず?ではないのか?地球地殻は活動期に入ったのか?
          自省と内観に過ごした数か月です。

           

           

          ★「天災は忘れた頃に来る」という言葉を言い出したのは寺田寅彦であるといわれています。有名な警句です。
          明治11年(1878)誕生、昭和10年(1935)没。享年58歳。
          東京帝国大学教授、随筆家 専門は実験物理学、地球物理学
          所属は航空研究所、理化学研究所、地震研究所など。
          どうやら祖父と同年代。

           

          その随筆には「防災と国防」について記されています。
          想定されていた治水防災は、その範囲では克服できるが、想定外になると益々大被害を起こす。
          砂防ダム、護岸の工事をすればするほど範囲を超えると未曽有の災害となるわけです。

          災害時は人間心理や行動の異常、その後の余波も少なからずSNSでも出てきます。

          戦争などの人災はどうにか?止めれても。。
          天災にはどうにもならない。。。
          ヒトの科学や存在は地球に影響を与えています。
          温暖化?寒冷化?雨も気象も地震も?人工的に起こせるくらいにはなっているともいえます。小さな核爆弾も現存します。

          私達の人生は100年。地球宇宙の壮大な歴史のかけらにもなりません。
          足るを知り、実った稲穂の頭に見習う。謙虚さや畏敬の念を忘れてはいけない。

           

          一見 平和で自由な日本。
          天災は眠り込んでいる私たちの意識を呼び覚ます。いつも動かない大地が揺れると目がさめますよね。

          何が起こってるのか?健全に観なければなりません。
          自分に 家族に 地域に 社会に 教育に 政治に 世界に!全てはつながっているのですから。

          身近では、自分と意見が違う。ちょっと嫌な事言われた。気に入らない。好きではない 嫌い!な 「コト モノ ヒト」にもどうしてだろう?という問いを持つことからスタートです。

           

          これから「本質」の時代を迎える 私の人生。

          明日、この身が滅びようとも林檎の樹を植える!
          どんな困難があっても、未来を信頼する!
          善き健全な自我意識でこれからも歩んでいけるようにしたいものです。
          今後ともよろしくお願いします(^^)/

           

           

          以下、ご参考 寺田虎彦https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%81%BD%E3%81%AF%E5%BF%98%E3%82%8C%E3%81%9F%E9%A0%83%E3%81%AB%E3%82%84%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%82%8B

          画像に含まれている可能性があるもの:花、植物、自然

          posted by: miyako | バイオ・グラフィー | 10:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          *9月 昨日参り@広島 白神社 再考「動機善なりや 私心なかりしか」*稲盛和夫氏 ・災害時の異常な心理状態にみる自我の有り様
          0

            *9月 昨日参り@広島 白神社

            再考「動機善なりや 私心なかりしか」*稲盛和夫氏

            ・災害時の異常な心理状態にみる自我の有り様

            7月からの西日本豪雨 HIROSHIMA土石流災害に想う支援の本質 4年前の広島八木の土砂災害・投稿記事を再考、再構築し殉職した息子の友人や皆様を想う。

            「異常気象」という言葉。本来は30年に一度しかない気象状態であるそうです。が、この8月。。日本いや世界中で災害が頻発しています。
            HIROSHIMA土砂災害は身近に起こり、地域市民はみな心を痛めております。

            私もSNSを全て見る時間がないのですが、災害当時の投稿を観ますと、いい話よりも困った問題が多く発生しているようにも想います。
            FB友人シエアを拝見しましたが、地域の方の願いはとても大切で、安易に個人的な意見で否定など出来ないと感じます。

            我が家からは長男が消防士として救援をさせて頂いてます。
            呉地域ではおひとり。全ての行方不明者が見つからないままです。見つかればもっと早く復旧は進むそうです。自衛隊・警察・消防など、全国から来て頂き、日頃鍛えて訓練している彼らは統率をとり、ある時は命がけで、一心不乱に救援をしています。不明者をみつけることもあるので細心の注意をしているのです。 

            一般の方の支援実行は本当に有り難いといってます。しかし、多くの方が来られても、受け入れ体制側も懸命にしていても不備もでていると。しかし4年前の災害を健全に振り返った地域やリーダーさんたちは、的確な状況を早く構築できたとも聞いています。

            報道をみて、思うままに怒りをSNSでぶつけたり、(またそれの同調投稿も多い)写真投稿も被災された家や地域が特定できる映像の投稿はどうなんだろうと?疑問を感じました。

            災害時は通常の心理状態ではありません。それもいい歳の50歳以上の方々もおられ、年だけでなく経験と深い洞察、考察を必要とすると感じました。
            時には、大切な人や友人であれば在るほど、勇気をもって嫌われても進言する事も必要です。アドラー的でしょうかww

            また、SNSでのそれそれの投稿やシエアには、好意であっても混乱を招く事も多々あるとおもいます。

            もちろん、状況が解り、大手の報道にはない即効性などで多くの理解は深まりました。
            見えない投稿者の自我意識の在処かを 私達は感じますね。

            支援にいき、その状況を報道関係のごとく投稿して、意見発信している方も多いですね。好意でもその文中に支援活動して「運動不足解消になった」「いい汗とかいた」とあったそうです。また、その投稿に何百というレスポンスがあるそうです。投稿者も決して悪気はないのでしょう(あったら投稿はしない)が、被災者の方や、危険現場一線で救援をしている息子もそのような公開記事を見て、大変心を痛めたケースもあります。これは4年前と変わらない様です。

            また、4年前、私の被災地近隣の友人はボラセンへいき、体験記をまとめて投稿しています。彼女は現実の職務でも、非常に問題を把握し、整理し、的確に発信する能力があるので、その記事のまとめ方は善的であり、目を見はりました。

            支援にいっても義援金を出しても、私はSNSに投稿はしません。静かに黙って行う。これが尊い命を失った方への鎮魂になり、一番のご供養ではないかと思うからです。たぶん、被災日から少なくとも四十九日間は「ランチ食べた」とか投稿出来る気分ではありません。(ランチ投稿が悪いではなく、楽しく観ていますが自らは控えています。)
            鎮魂する。静かに祈る。日本人には古来からできる事ですよね。

            災害支援についても、自分ができる事をやる。素晴らしいです。

            しかし・・・・
            「動機善なりや? 私心なかりしか?」と問う事。
            自省することは大切だと思います。

            この言葉は京セラ会長稲盛氏がよく使われます。特にJAL再生を政府から請われ、内観されたときのメッセージだそうです。「稲盛の売名ではないか?世間はどう想うか?」いろいろ考えた結果、人生最後のご奉公と心に命じ、日本の為に、JAL再生を催行されました。

            もし、被災地で私がもっているスキルや支援活動をしたら・・「世間にはどう見えるか?また自分自身に全くの私心がないか?」あの人はいいことをした。凄いね!よかったね!と言われたい心はないのか?など考えています。
            「私心」を最も試されるのが災害支援かもしれません。
            ヒトは正しいことをしたいのです。喜んでもらうことは嬉しいのです。何か助けたい!という衝動は素晴らしいことです。だからこそ、そういうコトは静かに黙って行う。SNS投稿しないという選択もスマートな気もします。(投稿されている方を決して否定しているわけではありません。投稿のほとんどは善的で参考になることが多い)

            今週、こんな話を知人友人息子としました。会話ではなく対話です。

            この混乱に心の痛みや、ため息がでていますが、ゆっくり穏やかに前を向きたいですね。なによりも地元のご意見を大切にしたいです。

            災害時などの試練や困難時にこそ現れるコト。その人の言動が、その意識が何処に在るのか?精神の本質を現わすように感じます。
            SNSは見えないものが観えてきますね。不可視が可視化するのがSNSの大きな特長であり、Facebookも「公の掲示板」で在ることを決して忘れてはイケないのです。

            被災地域全て。植物も環境も。どうぞ1日も早く人も動物も、感受体としての「こころ」が休まれますように日々祈っています。

            最後まで読んで頂き感謝します。ありがとうございます。

            画像に含まれている可能性があるもの:木、植物、空、屋外

            自動代替テキストはありません。

            画像に含まれている可能性があるもの:2人

             

            posted by: miyako | バイオ・グラフィー | 17:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            ヒロシマ 原爆忌 73回 2018/8/6 奇しくも 西日本豪雨災害から 1か月
            0

              ヒロシマ 原爆忌 73回 2018/8/6

              奇しくも 西日本豪雨災害から 1か月

              遠方からのゲストで着席

              地元 白神社 慰霊参拝

              まだまだ 世界では新しい核の脅威が存在します。

              世界唯一の被爆国 日本 ヒロシマに生きる私たちの使命を感じます

              どうぞ 一緒に 皆さまも お祈り下さい。

              画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外

              画像に含まれている可能性があるもの:木、屋外

              画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、群衆

              自動代替テキストはありません。

              posted by: miyako | バイオ・グラフィー | 13:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              2018 8/1 広島 白神社お一日参り。
              0

                2018 8/1 広島 白神社お一日参り。

                ★土星周期の長子★ヒポモクリオンの次子〜星読みやこママ

                8月 葉月(はづき)Augustは、ローマ皇帝Augustus(アウグストゥス)に由来する名前。

                8月1日。長子の誕生日を迎え、母親記念美としても、我が子の成長が頼もしく、嬉しく、清々しい朝の目覚めです。

                救済勤務の合間に「無事に生きて!30歳になれました。並々ならぬ感謝です。ここまで育ててくれてありがとう!」

                7月に呉警察勤務の同級生・山崎君が西日本豪雨災害で殉職。大きな悲しみを抱え、災害復旧に従事しています。今災害では広島県、その中でも呉市が多く犠牲と被災を体験しました。私たちも出来る事を積み上げる毎日です。

                下記は同級生の記者 茶井祐輔君が取材した記事です。
                「命をかけた豪雨災害 あの子の性格だから・・母は・」
                https://www.asahi.com/articles/ASL7R5D0NL7RPTIL02F.html

                ★まばゆいばかりの青年期。
                彼らの意識や時代背景、現代認識、そして未来と希望を語り合う。心体とも成長した青年。関係性の構築期です。

                太陽が輝くような人生の真っただ中で、友人の死をいう体験をした方々のお話しやご様子を伺うと「人生感が変わった!」と言われます。
                私達はただ 側に居て支える事しかできません。ずっと見守ってまいります。
                例えば 30歳で逝かれた吉田松陰先生。その遺志は今も受け継がれます。

                21歳位で芽生えた小さな大人の自我意識が「たしかな自我」と変容する様子を見守ってきました。消防・救命救急士としてさらなる学びが待っているようです。

                ★28歳を迎える次子 今朝、珍しくレスキュー電話📞
                人生の中の大きな転機が28歳(ヒポモクリオン)来ましたね〜♬ 昨年は努めている会社で激震を体験。
                28歳までは与えられた人生で直観が働きやすいけれど、それ以降になると自分で選ぶ人生となる節目です。
                家族や兄を気遣う余裕などもしっかり出てきたようですね。

                ☆彡見守る母親の私は・・第3ムーンノード(月交点)を無事に超えた?人生での新たな創造が成しえたか?? 仕事の領域を超え、社会すべての本質が観え始め、事実に目覚めたが故に圧倒される日々。これから往く路の厳しさに正義と友愛。真なる自由と平等を抱き、穏やかにゆっくり確実に実践するイメージを得たところです(^^)/ 

                多分、わたしたちの様な不出来な両親のほうが、いいのかもしれませんね(笑)そんな親でも子どもたちは私どもをよく観て大切にしてくれます(^_^)

                特別な「親子」という人間関係。わたしたちの「たましい」「こころ」は何を学ぶのでしょうか?

                人生を7年区切りで観る!多くの著書や伝記、自叙伝もその人のバイオグラフィーが見えてきます。

                7年周期説。0-7、7-14、14-21、21-35、35-42、42-49、49-56、56-63、63-と続く人生。その折々に、転機となる出来事があり、その事実に宝が在ります。

                「運命の地図」バイオグラフィーの「普遍的な元型」を知り学んだ事が、今の私には最大の安心です。

                長子は8月 月曜日の朝に受肉しました。新月でしたので軽いお産でしたww
                真実を拓く存在であり、命名のように生きております(^_^) 

                美心伝心〜子供のほうが親を愛して居る!わたしたちを選び、生まれてくれてありがとう!(^^)!

                白神社 遠撮
                息子たち 11歳と9歳 ラボ夏合宿に旅立つ朝w(近景は禁止w)

                自分で在れ!! 日本人で在れ!! 
                8・6HIROSHIMAの日はもうすぐです。

                画像に含まれている可能性があるもの:木、植物、空、屋外

                posted by: miyako | バイオ・グラフィー | 13:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                15年ぶり 火星大接近!
                0

                  15年ぶり 火星大接近!観測に行ってきます!(^^)/

                  西日本豪雨災害後の逆走台風12号 かなりの警戒と非難を経験しました。思ったほどの被害なく安堵しています。

                  その時感じたのが 「祈り」 のチカラです。
                  SNS上だけでなく、広く多くの皆様が被災地域に想いを集めてくださったと!事実的 科学的な事象を最善に配慮して、その後は真摯に祈る、願う。そのForthと感じました。

                  願って 祈って くださった皆様ありがとうございます。

                  そして、被災時、逝かれた皆様からも多くの支えを頂いたと感じます。守ってくださってありがとうございます。

                  そんな日々の火星大接近!

                  火星は赤色!そのダイナミックな軌道から変化の激しさ、予測しがたい動きなどまるで船上の兵士のようです!「災い 戦争 争い」を連想させます。
                  自己を主張する能力や表現を表わします。鉄・タタラ・スサノオを連想します。

                  今夜は火星に祈ります!駆り立てるエネルギーを昇華し、善なる方向へと歩めますように。。。

                  Venus & Mars 私も金星のように火星に沿い話を聞いてきますね。

                  参考記事 
                  シュタイナーが110年前に述べた「頂点は日本です」の意味 http://ginga-uchuu.cocolog-nifty.com/…/2015/07/110-6145.html

                  自動代替テキストはありません。

                  posted by: miyako | バイオ・グラフィー | 13:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  「ワザワイ、災害で気づく意識」 呉・広島・日本は孤島で在る! 「アルキメデスの大戦」と祖父。破壊と復興の歴史に想う
                  0

                    「ワザワイ、災害で気づく意識」 呉・広島・日本は孤島で在る!
                    「アルキメデスの大戦」と祖父。破壊と復興の歴史に想う

                     

                    「呉は陸の孤島になるから、鉄道は複線にと、あれほどいったものを。。。

                    呉海軍工廠で戦艦大和・回天建造に関わった祖父。


                    呉線はそのまま単線です。複線であれば災害時に単線として使える余力があります。
                    呉線複線化を明治建設当時から技師として強く進言していたそうです。
                    この事を、呉の水害時にいつも話してくれました。
                    たまに巻紙に毛筆、時の佐藤総理に大和引き上げの嘆願書を何度も書いて送っていた祖父です。

                     

                    その教えは消防勤務 ひ孫の長男にまで浸透し、
                    「母さん!仕事と出張があるんじゃろ!週末は、呉から離れて!呉は陸の孤島になるよ!どこが崩れてもおかしくない!」と、私へのメールに現れています。

                     

                    昔、幼い私は祖父に聞きました。

                    「じいちゃん?どして 大雨じゃと、いっつも呉は崩れて、大水がでるん?」と。。
                    「こんな土地じゃけ〜軍港に選ばれて、大和つくったんで〜」とww

                    呉は軍港にふさわしく三方が山。大水が出ると、中央の商店街に一気に傾れ込みます。平地は限られ、段々畑のように住居が天高く連なっています。水害時の陸の孤島とは、今に始まったことではありません。半世紀生きた人は知っているはずです。

                    広島は平地が少なく山ばかり、川の三角州。
                    日本も河川が多く短くても激流。水の豊かな孤島なのです。

                    孤島だからこそ、どうにか欧米列強の植民地になりらず、徳川家300年近い鎖国時代もあり 東洋のガラパゴスともいわれ、独自に文化が花咲きました。 さらに海・水に守られてきました。孤島 は孤高となり昇華したのです。

                     

                    私達はどのような土地に住んでいるのか?
                    その歴史的、変遷や地質はどうなのか?
                    How?Why? を健全に熟知して住んでいるのだろうか?

                     

                    災害はそれを教えます。気づかせます。
                    物があふれる時代の、人間の生きるべき本質を。
                    現代日本や社会のあるれる矛盾を。

                    今!自分がどうあるべきか?何をすべきか?を!

                     

                    PCの前で、SNSを1日何度もよかれと思って投稿するのか?静観し精査できない拡散投稿。これは?誰がどこで?発信しているのか? 
                    「大変!早く拡散しなくては!」 何故?その衝動に支配されているのか?
                    全員がジャーナリスト化し、コメンテーター化していないか?


                    フェイスブックの登録は日本人口3割以下 実働はもっと下 。 自己満足過多の投稿になり過ぎてないでしょうか?

                    災いこそが、困ったときこそがチャンスなのです。


                    残念ながら、今の人間は天地大地が揺らぐときしか、私たちは目覚めざる事ができません。

                    戦争やミサイルなど人的な対決は怒りや恨みを持ちやすく、中東など2000年も紛争しています。

                    ですが、自然界に対しては「畏敬の念」を抱きやすく、私たちは何もできず謙虚さを身に着ける事もでき得るのではないでしょうか?

                    敬うこと 畏れること 自然界 神的な領域をもともと日本人は神道として抱いてきました。

                    祖父の教えは我が血脈に流れています。「アルキメデスの大戦」主人公は天才数学者で大和の矛盾を計る設計士 。 大和 設計士であった祖父の言葉と、この物語の本質がつながっています。

                     

                    「私達はこのままで いいのだろうか?」問いかけています。

                     

                    皆様はこの災害で何を気づかれましたでしょうか?

                     

                    画像に含まれている可能性があるもの:1人

                     

                    みかみ 京 祖父の遺言 私に呉線の沿岸の地図をかいて 埋め立てをしたらいいと話してくれました。今回の崩落地域がたまたま 海水浴場で道がきれいだったので、不幸中の幸いでしたね しかしながら 昼夜を問わない工事ほんとうにお疲れさまでした(^^)/感謝します。https://www.asahi.com/articles/ASL7D3JJGL7DPTIL00T.html

                    ASAHI.COM

                    広島と呉を結ぶ国道31号、5日ぶり全復旧 輸送に期待:朝日新聞デジタル

                     

                     みかみ 京 皆様の祈りをお願いします。一刻も早く、みつかりますように。

                     呉消防勤務の長男の高校時代の同級生 呉警察勤務の山崎君と新川さんまだ 結婚したばかりです。 28歳と29歳。救護誘導中に被災。行方不明です。
                    https://www.asahi.com/articles/ASL7G5726L7GPTIL021.html

                    ASAHI.COM

                    濁流から住民救った警察官2人、直後に流され行方不明に:朝日新聞デジタル

                    ·

                    posted by: miyako | バイオ・グラフィー | 11:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    六月 近隣の白神社にお一日参りです。
                    0

                      六月 近隣の白神社にお一日参りです。


                      水無月(みなづき)梅雨が明ける月なので、天からの水が降らなくなる?など諸説あるようです。

                      グレゴリオ暦で6番目の月。
                      Juneはローマ神話のユピテル(ジュピター)の妻ユノ(ジュノー)からの名づけで、ユノが結婚生活の守護神であることから、6月に結婚式を挙げる花嫁を「ジューン・ブライド」(June bride、6月の花嫁)と呼び、この月に結婚をすると幸せになれるといわれる。京サロンでもブライダルエステが花盛りです★

                      また、今日から3日間 広島では「とうかさん」早速ご挨拶に参りました。夏がやってきますね。
                      http://www.toukasan.jp/

                       

                      今日も真 善 美的に張り切って生きましょう!(^^)!

                      素晴しい晴天☀やはり、朔日参りは気分が清々しいです。

                       

                      画像に含まれている可能性があるもの:木、植物、空、屋外

                      画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外

                       

                      posted by: miyako | バイオ・グラフィー | 14:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |